2007年04月19日

ハリウッドセレブに見るエイジレス美女ぶり:その2

ちょっと小寒い日々が続いておりましたが、みなさまにおかれましてはお風邪などお召しではございませんか?

漢方の世界では、春はダイエットに絶好の時期! ってことで、漢方ミュージアムでは、春のダイエットキャンペーン中らしいのですが、ワタシ鳳麗仙ときたら現在「春の脱・乾燥肌キャンペーン中」。

そう「肌水分量55歳」のワタシは、遂に脱・乾燥肌に本腰を入れることにしたのです。脱ケミコスメはもちろんのこと、毎日手作り美容液を惜しむことなくたっぷり使用。またコスメだけに頼ることなく、乾燥肌克服に効くとされる食べ物の積極的摂取やらサプリやらも始めました。そして1日1回同じ時間に同条件で、肌水分量を計測してお肌の状態をモニターするという、ワタシの緻密さと来たらどーでしょう?(にやり)

とはいえ、ダイエットほど即効性があるとは思えないこのプロジェクト、もはやワタシのライフワークになりそうなので、今後もゆるゆる続けつつ、まずは1ヶ月後にでも途中経過をご報告させていただきます〜。

さらに、現在継続中なのが、自然派シャンプージプシーであります。パックスやマジックソープ、オーブリーのローザモスクエタと、すべて惨敗に終わったワタシではありますが、今使用中なのはアグロナチュラのローズシリーズ。前述の3製品と比較すると若干天然由来の合界は含まれているようなのですが、こちらの経過はまずまずと言ったところ。これもまずは1本使い切ってから、詳細についてはご報告の予定です。ローズシリーズの後にも、実は第2、第3の候補をすでに押さえているので、今後はますますそのジプシーぶりに拍車がかかることかと・・・どうぞ乞うご期待くださいませ〜

とゆーわけで、お約束通り、今日はハリウッドセレブに見るエイジレス美女ぶり第2弾ということで、いってみましょう〜 (詳細はこちら、エルジャポン5月号をご覧下さいね〜)


ルネ・ゼルウィーガー
御年37歳。
「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズでは、彼女のチャーミングな演技にすっかり魅了されてしまったのですが(デカパンって感じのガードルを着けた時の姿は、ハリウッド女優を超越してましたっけね)、役作りのための激太り後に見事にスリムダウンした経験もあって、ボディメイクには自信ありだそーです。



そのボディメイクの詳細というと、ジョギング、ハイキング、ヨガなどのエクササイズを週5回実践なのだとか。週5回ですか〜。ううう、ちょっと一般人には難しいですかね〜。でも彼女もヨギーニ仲間だったんだ〜と思うと、嬉しかったりして。

で、その美肌の秘密については「トレーシー・マーティンのエンザイム入りクリーム、ウラ・ヘンリクセンのフェイスミストを愛用。サンドブラステッド施術で肌の若返り」とある。

はて、トレーシー・マーティン&ウラ・ヘンリクセンって誰? サンドブラステッド施術って・・・?

ってことで、またまた調べてまいりましたよ〜。

まずは、トレーシー・マーティン。こちらはどうもハリウッド女優御用達の日本未上陸自然派コスメらしい。スーザン・サランドン、サンドラ・ブロック、ケイト・ウインスレットらが使用していて、オプラ・ウインフリーの番組でも紹介されたみたいです。(HPはこちら) 
ロータスのマークがとっても可愛らしいですね〜。

ルネさん使用の例のエンザイム入りクリームは、ゆるやかなピーリング剤みたいな感じらしい。白人の方たちは確かアジア系よりも角質が厚いんでしたっけ。結構ピーリング命みたいな女優さんが多いような・・・

このトレーシー・マーティンの特性というのが、ミネラルで皮膚上の重金属など有害物質を除去するという作用なんだとか。そうすることによって、シミや小じわに効くって触れ込みだけど、例によって問題は全成分表示がされてないこと。石油化学製品、着色料、人口香料、増量剤は含まれてないとの記述はあるけど、合界やら保存料についての記載はないので、個人的には購入はパスかな〜 (ロータスのボトルの可愛さには後ろ髪引かれてますが)

ウラ・ヘンリクセンについては、日本でも購入できるそうです。そういえば、どこかのセレクトショップのようなところで、このボトルは目にしたことがあるような・・・(インターネットだと日本のこちらのサイトで購入できます)

「自らのサロンをビバリーヒルズに設立。たちまち彼のサロンはセレブの間でも高い評価を得るドンナ、レオナルド・ディカプリオ、シャーリーズ・セロン、メラニー・グリフィス、ダイアナ・ロス、ナオミ・キャンベル、ケイト・モス、デビット・ボウイなどハリウッドセレブ達を虜に・・・」

ふむむ、こちらもかなりセレブな感じのコスメブランドなのですね〜 

で、肝心なそのコスメの中味は、ビタミンCにβグルカンでお肌の免疫アップ、月見草オイル、植物原料主体だそうですが、美容液を見ると合界や保存料に加え、着色料も入ってる・・・ってことでパスかな〜、これも。

で、一番分かんなかった「サンドブラステッド施術」だけど、推測するに塩やピーリング剤を用いての角質除去のことらしい。フランス語でいうところのゴマージュと同じことなのかな?


ニコール・キッドマン
御年39歳。
あの大理石のような白肌を保つためには、ジョギング中も全身を覆うウエア、帽子、サングラス着用なんだそうです。エクササイズはスピニング(って、すんごい軽いペダルの自転車みたいなのをこぐアレでしたっけ?)に軽量負荷の筋トレ。ローカーボ食は実践中だそうですが、飲酒、喫煙とともにゆるゆる節制。それから、ボトックスやレスティレイン注射を定期的に受けてるとの噂ありなんだとか。


ジェニファー・アニストン
御年38歳。
なんと彼女は自宅にエステルームを所有していて、美容には年間16万ドル(年間約2000万近くですか〜・・・言葉がありません)を費やすそうです。
ゾーンダイエット(炭水化物、たんぱく質、脂質の割合を4:3:3にするダイエットなのだそう)の信奉者で、専属シェフを雇っているんだとか。そしてあのスリムなボディを、ヨガのパーソナルトレーナーと週2、3回修錬(こちらもヨギーですね〜)。さらにマッサージ、鍼灸でフェイスリフトにバストアップ。年に2度の全身ピーリングでお肌の若返り。


シンディ・クロフォード
御年41歳。
1日1時間以上のジョギングや筋トレ、ヨガなどを実施。少量の食事(基本はゾーン食)を1日5回摂取。自身で開発したコスメや、ミルクと水を混ぜたフェイスミストを愛用。しかしボトックスとビタミン注射にも頼っていると、昨夏告白したそうです。


エリザベス・ハーレイ
御年41歳。
1日1食ダイエット、キャベツスープ、メソセラピー、デトックスなど、新しい美容術に次々挑戦。最近は、セルライト減少、細胞の劣化防止のために、枸杞の実ジュース(ゴジ)を愛飲中。ピラティス、水シャワーが日課・・・

このお方は凄いわね〜。あんなに美しくてらっしゃるのに、いろいろ貪欲にお試し中なのですね。しかし「メソセラピー」って何? と思いきや、「脂肪溶解注射」なのですね。最近では脂肪吸引よりも部分やせに効果的なんて噂もあるそうで・・・あんなにスリムでらっしゃるのに、いったいどこをあれ以上部分ヤセされたのでしょうか? すさまじき美への執着を感じます。

さらに、薬膳にはまりつつある鳳麗仙としては、枸杞の実ジュースにもついつい食指が動いてしまって困ります。ドライフルーツ状態の枸杞の実にはいつもお世話になっているワタシですが、ジュースにするといったいどんなお味なのかとっても気になります。日本でもネット販売されているようなので、ちょっとお試ししてみようかな〜?

・・・と、次々に明かされるエイジレス美女たちの秘密。今回の「エルジャポン」のレポートでは、その他オスカー女優のハル・ベリー(40歳、彼女は糖尿病患者だったのですね。知らなかった)、元祖スーパーモデルのエル・マクファーソン(42歳)、さらに現役最年長モデル(なんと75歳)の美の秘密やら、トップダンサーが伝授する美しい身体の作り方(工藤美笛さんも出てます)など、情報が満載なのでした。650円ぶん、十分満足したかな〜

個人的に「これをお試ししてみよう!」というのも、数点みつかったので、またそのお試しレポートもいずれこちらでご紹介することといたします。

<ほうれい川柳>
枸杞の実の ジュースで撃退 セルライト by鳳麗仙いい気分(温泉)

アンチエイジングブログランキングはこちら!
ぴかぴか(新しい)ランキングを見る&応援するには、ここをクリックしてねぴかぴか(新しい)
ランキングをチェックして、ためになる他人様のアンチエイジングブログもぜひチェックしに行ってくださいね〜!
この記事へのコメント
おっ!!続きですね♪
ボトックスって意外と多いんですね〜〜
でも演技力が大事な女優さん
顔にボトックスを打って大丈夫なのかなぁ?
演技派の女優さんの中に 芝居に支障をきたすので整形は一切しないという方もいらっしゃり
中々難しい世界のようですね。。。。

枸杞の実の ジュース 私もこれに興味深々です♪
Posted by 朝露 at 2007年04月19日 16:24
ボトックスが一番効果があるのでしょうか?
表情が出なくなるので女優さんとしてはどうかなぁー
でも美が優先?
ボトックスは1度打ったら打ち続けないと
悲惨だと聞きました。
一生打ち続ける勇気はないのでチャレンジしないけれど
美容整形に失敗も実際にあるのですから
メスは怖くて入れられないけれど
女優さんってみんなしているんでしょうか?
ポラリス(レーザー治療)は受けたことがありますよ。
Posted by まりえ at 2007年04月20日 03:02
美しくあるためにはやはり努力が必要ですよね・・・。
私も美容整形は無理だな〜
自己努力でがんばるしかないかな。
Posted by ゆう【ViViモデル愛用バストアップサプリ】 at 2007年04月20日 13:00
朝露さん
ロバート・レッドフォードでしたっけ?
たぶんお顔をお直ししていないと思うんだけど、異常なほどのフケ顔になってしまって・・・男性でも演技に向くシワとそうでない老け方もあるかな〜、なんてよく見てます

まりえさん
個人的には、フォトフェイシャルやレーザーでのシミとりくらいまではやってみようかな? と思ったことはあります
ヒアルロン酸注入についても、副作用がないんであれば(よく注射後にボコッたとか失敗談を聞きます)、まあ許容範囲かな〜と考えることも。
ボトックスは、アレなしだといられなくなるような依存性があるようですね
まあ、まずは自然な範囲でやれることをやってからでも遅くはないかな〜と考えています。

ゆうさん
たるみ対策は、顔筋マッサージ(昨日の情熱大陸に田中宥久子さんが出てましたね)やら、フェイササイズやら、効果的な手法もいろいろありますし、日々の努力がやはり大切のようですね〜 
Posted by 鳳麗仙 at 2007年04月23日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

青汁原料が牛乳よりカルシウム吸収が優れているなど研究成果を発表
Excerpt: 青汁原料としてのプチヴェールの新たな機能性について プチヴェールはケールと芽キャベツの交配によって作出された、青汁原料などに用いられる新規のアブラナ科植物です。糖度が高く、味の優位性の他に、葉野..
Weblog: 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
Tracked: 2007-04-19 14:40

個人輸入
Excerpt: ボトックスの個人輸入代行をしてくれる業者がいるようですね。 ボトックス注射をしてくれるクリニックはあちこちにあります。例えば、神戸、名古屋、新宿etc ボトックス注射の講習会なんてやってくれるところ..
Weblog: ボトックスでアンチエイジング!ボトックスでハッピーライフ♪
Tracked: 2007-05-19 12:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。